トリキュラーの商品詳細

トリキュラー21と28の違い(偽薬の有無など)

トリキュラーにはトリキュラー21とトリキュラー28の2種類がありますが、違いは何なんでしょうか?成分や効果、服用方法は同じなのでしょうか?

この記事では、トリキュラー21錠と28錠の違いについて詳しく解説しています。

トリキュラーを飲み始めたばかりの方や、ピルの服用経験がない方にも分かりやすく解説しているのでチェックしてください。

トリキュラー最安値は1箱573円
(by 医薬品アットデパート)
1箱 1480円
2箱 2604円 (1箱1302円)
3箱 3065円 (1箱1021円)
5箱 3804円 (1箱760円)
7箱 4716円 (1箱774円)
12箱 6880円 (1箱573円)
購入ページ

トリキュラーには21錠と28錠の2種類がある

トリキュラーには、21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。トリキュラーは、ホルモンバランスに作用するタイプの薬で、飲めば飲むほど効果が高まるといった薬ではありません。トリキュラーに関しては、21錠と28錠で効果に違いはないのです。まずは、それぞれに含まれている錠剤の色やパッケージをご紹介します。

トリキュラー21錠

 

トリキュラー21 赤色6錠、白色5錠、黄色10錠(計21錠)トリキュラー21
赤色6錠、白色5錠、黄色10錠(計21錠)

参考:バイエルファーマナビ

トリキュラー28錠

トリキュラー28 赤色6錠、白色5錠、黄色10錠、白色(大)7錠の計28錠トリキュラー28
赤色6錠、白色5錠、黄色10錠、白色(大)7錠の計28錠

参考:バイエルファーマナビ

トリキュラー21と28の違い(1)「偽薬」の有無

トリキュラー21と28の大きな違いは、偽薬の有無です。偽薬について、詳しくみていきましょう。

トリキュラー28錠には偽薬7錠が含まれている

トリキュラー28には、トリキュラー21と同じ成分を含む錠剤が21錠と、7錠の偽薬が含まれています。偽薬とは有効成分の入っていない錠剤のことで、服用してもしなくても効果に影響はありません。

偽薬は飲み忘れを防ぐためのもの

トリキュラーは、休薬期間が設けられており、服用再開のタイミングを間違えたり、飲み忘れたりするリスクがあります。休薬期間に偽薬を飲むことで、適切なタイミングで服用を再開でき、飲み忘れも防ぎやすくなるのです。つまり、飲み忘れの心配がない方にとって、トリキュラー28を選ぶ理由はありません。

トリキュラー21と28の違い(2)服用方法(休薬期間)

トリキュラー21と28は、服用方法に違いがあります。それぞれの服用方法と休薬期間について詳しくみていきましょう。

トリキュラー21錠の服用方法

  1. 赤色6錠 → 白色5錠 → 黄色10錠の順番で飲む
  2. シートにあるすべての錠剤を服用し終えたら、7日間服用をやめる
  3. 休薬期間(7日間)が終わったら、次の日から新しいシートを飲み始める

 

  1. 赤色(6錠)を飲む
  2. 白色(5錠)を飲む
  3. 黄色(10錠)を飲む
  4. 7日間服用をやめる(休薬期間)
  5. 次の日から新しいシートを飲み始める

トリキュラー28錠の服用方法

  1. 赤色6錠 → 白色5錠 → 黄色10錠 → 白色(偽薬)7錠の順番で飲む
  2. シートにあるすべての錠剤を飲み終えたら、次の日から新しいシートの服用を始める

 

  1. 赤色(6錠)を飲む
  2. 白色(5錠)を飲む
  3. 黄色(10錠)を飲む
  4. 白色の偽薬(7錠)を飲む
  5. 次の日から新しいシートの服用を始める

偽薬は飲み忘れても効果には影響ありません。休薬期間が7日以続かないように、飲み始めの時期には注意してください。

トリキュラー21錠と28錠の値段はほぼ同じ

トリキュラー21と28は、どちらもほぼ同じ値段です。病院での価格は、どちらも2,500円程度で、年間約30,000円かかります。

トリキュラー21錠と28錠の効果、副作用は同じ

トリキュラー21と28は、いずれも効果と副作用が同じです。違いは、偽薬の有無と服用方法のみのため、自分の性格やライフスタイルに合わせて選びましょう。

トリキュラー21錠と28錠、どっちがおすすめ?

トリキュラー21と28の違いを踏まえ、それぞれどちらの方がおすすめなのか詳しくご紹介します。

28錠タイプがおすすめなのはこんな人

  • 毎日服用する習慣をつけたい人
  • 休薬期間明けの飲み忘れを防ぎたい人

21錠タイプがおすすめなのはこんな人

  • ピルの服用になれている人
  • 通販で安くトリキュラーを購入したい人

トリキュラー21は通販を使うと安く購入できます

トリキュラーを安く購入したい方におすすめなのが通販サイトを使った個人輸入。通販で日本製のトリキュラーを買うことも可能ですが、安さを求めるなら海外製のトリキュラーがおすすめです。

個人輸入代行サイトを利用すれば、簡単に海外製のトリキュラーを入手できます。日本製と同じくバイエル社が製造しているため、安心して服用できるでしょう。それでは、通販サイトで入手できるトリキュラー21と、病院での処方との違いを詳しくご紹介します。

通販サイトではトリキュラー21がほとんど

通販サイトで販売されているのは、トリキュラー21がほとんどで、28錠タイプが販売されている通販サイトは少なくなっています。いつでも入手できる方を選ばなければ、ストックが切れたときに困るので、トリキュラー21を選ぶことが大切です。自分にとって最もいい条件の通販サイトでトリキュラー21を購入しましょう。

病院と比べて1,000円~1,800円くらい安い

通販サイトで購入する場合、病院での処方と比べて1,000~1,800円程度安くなっています。1年で10,000~18,000円程度の差が生じるので、はじめから通販サイトで購入した方がお得です。
また、病院によっては初診料や処方料、診察料などがかかるため、より多くのコストがかかります。トリキュラー21を継続的に服用する方は、できるだけコストを抑えることをおすすめします。

効果に違いはないので、こだわりがなければトリキュラー21を購入しよう

ここまで紹介したトリキュラー21と28の違いを踏まえると、特にこだわりがなければトリキュラー21を購入した方がいいと言えます。トリキュラー21は28よりも入手しやすく、休薬期間さえ守れば問題なく使用できます。
効果や副作用にも違いがないので、コストを抑えられるトリキュラー21を購入しましょう。

購入は以下のリンクから。12箱まとめ買いをすると1箱あたり573円で購入ができます。
トリキュラー21【12箱セット】 | 医薬品アットデパート

関連記事